三越伊勢丹ふるさと納税のお中元2021 6月1日(火)午前10時~8月2日(月)午前10時まで

ふるさと納税の返礼品を贈り物に。離れて暮らすご両親、ご親戚、ご友人など身近な方へ、地域の魅力がぎっしり詰まったふるさと納税の返礼品をお中元としてお届けすることができます。

三越伊勢丹ふるさと納税のお中元2021特集
は終了しました。

会期

6月1日(火)午前10時 ~ 8月2日(月)午前10時

お中元におすすめの
返礼品

三越伊勢丹ふるさと納税のお中元
人気ランキング

※このランキングは6月1日~7月2日までの寄附件数に基づくものです。

お中元を
カテゴリから探す

お中元返礼品一覧へ

お中元を特集から探す

お中元返礼品一覧へ

お中元を寄附金額から選ぶ

お中元返礼品一覧へ

お中元のマナー・豆知識

お中元とは

お中元の起源は、古代中国にあります。道教の三官信仰というものがあり、陰暦の7月15日の中元に祀った慈悲神様と仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ・お盆)と結びつき、7月15日の仏様への供物を親類や隣近所に贈る習慣ができたようです。また八朔(はっさく・田の実の節供)という、初穂を贈る風習もお中元の起源のひとつとも言われます。

お中元の時期は

お中元を贈るのは、1年の上半期の区切りと、半年間のお礼も込めて、7月の初めから15日頃まで贈るのが理想です。ただし、最近では贈答の時期が集中する事を避ける意味からも、6月下旬から贈り始める場合も多くなりました。

地域によって違いもありますが、7月1日から7月15日まで、また月遅れで8月1日から8月15日までに贈るのが一般的です。贈るのが遅れてしまった場合は、夏のご挨拶として立秋の前までなら「暑中御伺」、立秋から8月下旬までは「残暑御伺」として贈ります。

お中元の相場

贈り物は、相手のことを考えて選ぶのが大切です。好みが分かっている場合は、それに合わせてお中元の商品を選ぶのもよいでしょう。贈り物の金額は一般的に3,000円~5,000円位と言われていますが、相手との関係性によっても変化します。

※記載されている内容は、地域・時代・慣習・商品によって異なる場合があります。
※相場の金額は、三越伊勢丹の店頭にて、数多くのご相談を受けてアドバイスしてきた金額です。ただしあくまでも目安です。お付き合いの度合いや、地域によっても変わってきます。判断に迷ったときは、少し多めの金額にするとよいでしょう。逆に、年齢などにより金額が少なくなる場合もあります。

お中元のお申し込み前に
お読みください

【お届け日指定可能な返礼品について】

※寄附申し込み画面の「お届け日指定」のプルダウンからご希望のお届け日時をお選びください。

【準備でき次第お届けの返礼品について】

※6月20日(日)頃から順次お届けいたします。
※8月15日(日)頃までにお届けいたします。

【のし紙、梱包について】

※提供元事業者の包装でのお届けとなります。
(一部の返礼品は百貨店の包装紙でのお届けとなります。)
※簡易包装、完全包装のご指定は承れません。
※ご自宅等に取り寄せてから先さまに手渡しされる包装の種類(二重包装、一括包装)は承れません。
※外のし、内のしのご指定は承れません。
※のし紙、のし短冊のご指定は承れません。
※伝票が直接貼られている状態でのお届けとなります。
予めご了承ください。

● 提供元事業者の包装紙

※画像はイメージです。実際の包装紙とは異なります。

● 百貨店の包装紙

【その他】

※寄附者情報に連名での記入はできません。寄附をお申込みされる御本人一名さまのご記入をお願いいたします。
※フルーツや魚介類など天候および収穫状況により、お届け予定の遅延や変更、商品の変更をさせていただく場合がございます。
予めご了承ください。

【伝票について】

※担当百貨店名が「品名」に記載されます。

※簡易包装でのお届けとなります。
※一度自宅等に取り寄せてから他の方に手渡しするための包装にはなっておりません。
※二重包装は承りまわることができません。
※一括包装は承りまわることができません。
※外のし・内のしのご指定はいただけません。

お中元返礼品一覧へ

特集一覧へ