鹿児島県阿久根市あくねし

  • 大川島海水浴場

自治体紹介

鹿児島県の北部に位置する阿久根市は、東シナ海に面した約40キロメートルにも及ぶ美しい海岸線を有し、古くから海と陸の交通の要衝として運開業や商業が栄えた歴史があるまちです。

黒潮がもたらす温暖な気候にめぐまれており,豊かな海の幸や四季折々の農産物は「アクネ うまいネ 自然だネ」の統一ブランドで全国に出荷され,ご好評いただいています。

また、日本三大急潮の一つ黒之瀬戸や、野生鹿が住む海水浴場として人気の高い、沖に浮かぶ無人島、阿久根大島などを有する「みどこい」満載のまちです。

※「みどこい」とは、阿久根の方言で、中心の良いところを指す言葉で、「魅(み)どころ・美(み)どころ・味(み)どころ・見(み)どころ」を意味します。

自治体概要

総面積 134.29 ㎢
人口 19,087 人 (令和4年6月末現在)
世帯数 9,891 世帯 (令和4年6月末現在)
公式HP https://www.city.akune.lg.jp/

鹿児島県阿久根市の魅力

  • 阿久根発祥の「ボンタン」
    阿久根発祥の「ボンタン」
  • 海を見渡すあじさい畑「笠山観光農園」
    海を見渡すあじさい畑「笠山観光農園」
  • 濃厚な味を楽しめる阿久根のウニ
    濃厚な味を楽しめる阿久根のウニ
  • お刺身やフライがおいしいキビナゴ
    お刺身やフライがおいしいキビナゴ
  • 日本三大急潮のひとつ「黒之瀬戸」の渦潮
    日本三大急潮のひとつ「黒之瀬戸」の渦潮
  • 牛之浜景勝地の夕日
    牛之浜景勝地の夕日

華の50歳組

  • 50歳になった年に、母校の運動会に参加するこのイベントは、市内の全小学校で行われており、阿久根の秋の風物詩となっています。
    全国的にも珍しいこの伝統行事は、平成18年に商標登録もされています。

  • 華の50歳組
    華の50歳組

鹿児島県阿久根市の返礼品

鹿児島県阿久根市の返礼品一覧へ

返礼品なしの寄附に進む

寄附要項

  • ・寄附申し込み後のキャンセルは承れませんので、ご了承ください。
  • ・阿久根市にお住いの方は返礼品対象外となります。
  • ・寄附申し込み後の寄附者様の申し出による返礼品の変更・交換は承れません。
  • ・長期不在等、寄附者様事由による返礼品の未受領に対する再送は承れません。
  • ・生産者または天候等の都合により、返礼品の内容を変更させていただく場合がございます。
  • ・返礼品の在庫の状況により、お届けまでにお時間をいただく場合がございます。
  • ・寄附受領証明書は返礼品とは別でお届けさせていただきます。

寄附の使い道

  1. 1. 観光の振興、施設充実のための事業
  2. 2. 地域産業の振興及びその他地域の活性化のための事業
  3. 3. 自然環境及び地域景観の保全のための事業
  4. 4. 健康・福祉の充実のための事業
  5. 5. 教育環境の充実及び子育て支援のための事業
  6. 6. ~未来に引き継ぐ日本の宝~ 松木弘安(寺島宗則)旧家保存活用プロジェクト
  7. 7. 使途については特定しない

寄附実績

観光の振興、施設充実のための事業

市内外から多くの観光客が訪れる「笠山観光農園」、「番所丘公園」、「にぎわい交流館阿久根駅」、「寺島宗則旧家」の維持管理や景観維持などに活用しました。

地域産業の振興およびその他地域の活性化のための事業

地域課題の解決とコミュニティの充実を図る活動を通じて、各地域が魅力あふれる豊かな地域色(ちいきいろ)づくりを行う区や団体を支援しました。
このほか、子育て世帯が阿久根市に移住してきた際の助成、特産品の販路拡大や新たな特産品開発に対する助成事業などに活用しました。

自然環境および地域景観の保全のための事業

県立自然公園牛之浜景勝地の海岸沿いの樹木を伐採し、地域住民をはじめ、観光列車の乗客にも景観をお楽しみいただき、好評を得ています。ふるさと阿久根の景色を、改めて地域住民が誇りに感じています。
このほか、自然環境を守るため、合併処理浄化槽への導入に対する助成や海岸漂着物対策に活用しました。

健康・福祉の充実のための事業

高齢者が福祉タクシーを利用する際の助成、がん検診事業、子どものインフルエンザ予防接種に対する補助に活用しました。

教育環境の充実および子育て支援のための事業

阿久根市産の食材を取り入れた学校給食を提供する「学校給食地産地消推進事業」を実施し、好評を得ています。
また、大川地区から阿久根中学校に通学する生徒に対し、バスの定期券購入費用を補助する「小中学校通学運行事業」を実施し、保護者から好評を得ています。
このほか、18歳までを対象とした「子ども医療費助成事業」にも活用しました。