山形県大石田町おおいしだまち

  • 最上川花火大会
  • 大浦小坂からの眺望
  • 大石田米
  • 冬早朝の最上川

自治体紹介

山形県大石田町(おおいしだまち)は山形県のほぼ中央に位置し、面積約80平方キロメートル、人口は約6,500人の町です。

町の中央を南北に最上川が流れ、かつては最上川舟運最大の河岸として栄えました。最上川沿いには、舟運文化を偲ばせる白い塀を描いた特殊堤防のほか、旧家には蔵や江戸時代から伝わるお雛様などが残り、今も当時の名残をとどめています。
また、水と緑の豊かな景観に恵まれ、松尾芭蕉や齋藤茂吉、金山平三、小松均など数多くの文人や画家が足を運び、名作を遺しています。

おもな産業は農業で、水稲やすいかの栽培が盛んです。また、玄そばの産地としても知られており、生産量は県内トップクラス。夏と冬、昼と夜の大きな寒暖差がデンプンの蓄積を多くするため、豊かな風味を生むといわれています。

近年は「そばの里づくり」に力を入れており、平成13年には環境省「かおり風景100選」に「大石田町そばの里」が選ばれています。

自治体概要

総面積 79.75 ㎢
人口 6,396 人 (2022.9.1現在)
世帯数 2,261 世帯 (2022.9.1現在)
公式HP https://www.town.oishida.yamagata.jp/

山形県大石田町の魅力

  • 初秋のそば畑
    初秋のそば畑
  • 大石田まつり最上川花火大会
    大石田まつり最上川花火大会
  • 大石田そば街道
    大石田そば街道
  • ひいなの隠れ里・大石田のひなまつり
    ひいなの隠れ里・大石田のひなまつり
  • 最上川舟役所跡大門
    最上川舟役所跡大門
  • 寒暖差が生む美味しいお米「米、大石田」
    寒暖差が生む美味しいお米「米、大石田」
  • 大堤と葉山
    大堤と葉山
  • 町の花「桜」
    町の花「桜」
  • 冬の大石田
    冬の大石田
  • 尾花沢すいか
    尾花沢すいか

山形県大石田町の返礼品

山形県大石田町の返礼品一覧へ

返礼品なしの寄附に進む

寄附要項

  • ・寄附申し込み後のキャンセルは承れませんので、ご了承ください。
  • ・大石田町にお住いの方は返礼品対象外となります。
  • ・寄附申し込み後の寄附者様の申し出による返礼品の変更・交換は承れません。
  • ・長期不在等、寄附者様事由による返礼品の未受領に対する再送は承れません。
  • ・生産者または天候等の都合により、返礼品の内容を変更させていただく場合がございます。
  • ・返礼品の在庫の状況により、お届けまでにお時間をいただく場合がございます。
  • ・寄附受領証明書は返礼品とは別でお届けさせていただきます。

寄附の使い道

  1. 1. ➀快適で住みよいまちづくりに関する分野(生活基盤)
  2. 2. ➁香り高い文化や創造性を育むまちづくりに関する分野(教育・文化)
  3. 3. ➂心の通い合う健康で明るいまちづくりに関する分野(生活環境・福祉・子育て支援)
  4. 4. ➃心豊かで活力あるまちづくりに関する分野(産業経済・観光)
  5. 5. ➄力を合わせ参画する潤いのあるまちづくりに関する分野(その他全般)
  6. 6. ➅町長におまかせ

寄附実績

冬期間の交通の確保と雪に強いまちづくりのため流雪溝の整備や除雪体制の充実に活用します。
快適な住環境を確保するための下水道関係等のインフラ整備や通信体系の整備等の生活基盤となる事業に活用します。

将来を担う、子どもたちの教育環境の整備・充実と健やかな誕生から、さわやかな老後まで「いつでも・どこでも・だれでも」学習できる機会の提供や「町民一人1スポーツ・レクリエーション運動」等の体育・スポーツの振興に活用します。
本町の恵まれた自然や歴史、優れた文化を守るため、最上川を中心とした景観の保全やギフチョウ・ヒメギフチョウの保護、文化遺産の整理・保存に活用します。

環境にやさしい社会づくりと災害に強いまちづくりのための消防防災事業を強化し快適な生活環境の整備に活用します。
幼児期から高齢期まで一貫した健康づくりの推進と高齢者や障がいを持つ者が家庭や地域の温かい心に支えられて生活できるよう支援事業に活用します。
小学校2年生まで医療費無料化を実施する等、子育て支援による少子化対策に活用します。

主産業である米を中心に、「すいか」・「そば」等の農作物の特産品の振興やブランド化を図るために活用します。
そば店を核としながら、大石田まつりなどのイベント、最上川や農業と組み合わせた体験型観光等の推進に活用します。

地域や住民と行政が協働によるまちづくりは、自治体を運営する上で大切な時代になっており、町独自事業や地域独自の活動への支援等、幅広い分野に活用します。

使途を特定されない場合は、「町長におまかせ」をお選びください。