岩手県遠野市とおのし

  • 遠野ふるさと村全景
  • めがね橋 SL銀河
  • ホップ収穫祭
  • ホップかご

自治体紹介

~永遠の日本のふるさと遠野~
遠野市は、岩手県を縦断する北上高地に広がる盆地のまち。
柳田國男の名著『遠野物語』でも知られ、現在も継承されている伝統芸能や民話など、日本のふるさとを守るまちづくりの姿勢は、市内外から今も高く評価を頂いています。
北上高地を横断するJR釜石線(銀河ドリームライン釜石線)遠野駅を中心に市街地を形成し、周辺は田園や森林がとり囲み、豊かな自然が残っています。
遠野のかけがえのない自然、歴史、文化、風土といった地域資源を大切にしながら、遠野スタイルによりキャッチフレーズでもある「永遠の日本のふるさと遠野」の実現に全力で取り組んでいます。

自治体概要

総面積 825.62 ㎢
人口 26,116 人(2020年11月1日現在)
世帯数 10,747 世帯(2020年11月1日現在)
公式HP https://www.city.tono.iwate.jp/

岩手県遠野市の魅力

  • とおの物語の館
    とおの物語の館
  • 道の駅遠野風の丘
    道の駅遠野風の丘
  • カッパ淵
    カッパ淵
  • ホップ畑と若者
    ホップ畑と若者

●全国モデル道の★★★「道の駅遠野風の丘」

  • 道の駅遠野風の丘は平成9年のオープン以来、年間来場者100万人が訪れる遠野市の観光・物産の重要な拠点です。東日本大震災の時は、復興に向けた支援拠点となりました。
    そして、平成27年に国土交通省の「全国モデル道の駅(★★★)」に選定されました。

●観光と文化のまち ~昔あったずもな~

  • 『遠野物語』の舞台が市内に点在しており、昔懐かしいふるさとの文化を探求して(もとめて)、毎年多くの観光客が訪れます。
    常堅寺(じょうけんじ)のほとりを流れるカッパ淵も、物語の舞台の一つです。
    その他にも、道の駅遠野風の丘、遠野ふるさと村、伝承園、たかむろ水光園など、見所多数です。

●ホップを活用したビールを通じたまちづくり

  • ビールの味の決め手といわれる「ホップ」。
    遠野市では、冷涼な気候を生かして、半世紀以上にわたり国産ホップを作り続けています。
    近年は高齢化と後継者不足により生産者が減少しており、危機的な状況となっています。
    「ビールの里構想」は、国産ホップを将来にわたって生産できる体制をつくり、地域活性化を目指そうとするプロジェクトです。

岩手県遠野市の返礼品

岩手県遠野市の返礼品一覧へ

返礼品なしの寄附に進む

寄附要項

  • ・寄附申し込み後のキャンセルは承れませんので、ご了承ください。
  • ・遠野市にお住いの方は返礼品対象外となります。
  • ・寄附申し込み後の寄附者様の申し出による返礼品の変更・交換は承れません。
  • ・長期不在等、寄附者様事由による返礼品の未受領に対する再送は承れません。
  • ・生産者または天候等の都合により、返礼品の内容を変更させていただく場合がございます。
  • ・返礼品の在庫の状況により、お届けまでにお時間をいただく場合がございます。
  • ・寄附受領証明書は返礼品とは別でお届けさせていただきます。

寄附の使い道

  1. 1. [寄付者の意向に沿った事業]風の丘しごと再生プロジェクト☆☆☆

寄附実績

2019年
ビールの里プロジェクト

収穫期を迎えたホップの収穫を祝い、遠野ホップ収穫祭2019を開催し、遠野市内外から多くの来場者にお越しいただきました。